ハイ・イールド債

ハイ・イールド債とは、利回りは高いが信用力が低い債券のことです。

信用力が低いと言うことは、元本が戻ってこなかったり利払いができなかったりといったデフォルトリスクが高いことを意味します。

そんな危険な債券は普通の金利では買ってくれないので、高い金利を付けることによって買ってもらえるようにしているのです。

具体的には、格付けが「BB(S&P)」あるいは「Ba(Moody's)」以下の債券を指します。


スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像