普通分配

普通分配とは、投資信託から得られた利益のみの分配金のことです。

具体的には、個別元本が、分配金が出た後の基準価額と同額か下回っていれば、その分配金は全て普通分配となります。

下図をご覧下さい。

分配前の基準価額が13,000円で、3,000円の分配を出して基準価額が10,000円になった投資信託があったとします。

その時、個別元本が10,000円の場合だと分配後の基準価額と同額となり、3,000円全てが投資信託から得られた利益となりますので、普通分配となります。

普通分配に対して、投資信託から得られた利益ではなく、元本の払い戻しによって得た分配金を特別分配と呼びます。

ちなみに、普通分配は課税対象になりますが、NISA(ニーサ)を活用すれば非課税にすることもできます(限度額などがありますので詳しくは『NISA(ニーサ)を利用しよう』をご覧下さい)。


スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像