年代別投資信託の活用法

投資信託は、長期に渡って運用するからこそ、その能力を発揮できる金融商品といえます。

しかし、10代20代の若者なら20年30年と積極的にリスクを取る攻めの運用も可能でしょうが、60歳を超えてくるあたりからはあまり長期間の運用も望めませんし、積極的にリスクを取ることも難しくなりますので、守りの運用へと変化せざるを得ないでしょう。

このように、自分の年代によって投資信託の活用法も変化してくるのです。


それでは、年代別に見た投資信託の活用法それぞれ見てみましょう。



スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像