分配金の出し過ぎには注意

投資信託の儲けと損』でも少し説明しましたが、分配金を預金の利子のようなものと思っている方がいますが、これは大きな間違いです。

分配金というのは、預金の利子と違ってあらかじめ額が決まっているものではありません。投資信託の運用成績に応じて、決算ごとに配られる利益のようなものなのです。

運用成績に応じてなので、運用成績が悪ければ分配金が少なくなったり、あるいは出なかったりします。

分配金は投資信託の資産から支払われますので、分配金が出れば当然資産が減ります。分配金が出れば基準価額もその分下がります。

基準価額というのはザックリ言うと、投資信託が組み入れている全ての資産の時価を口数で割ったものですので、同じ投資信託であれば基準価額が高ければ高いほど全体の資産が多いことになります。

さて、ここで注意しなくてはならないのは、運用成績がマイナスでも分配金が出ることがあるということです。


『ん?』と思われた方もいらっしゃると思います。運用成績がマイナスということは、儲けが出ていないのです。それでも分配金を出すんです。


これは毎月分配型の投資信託に多いのですが、毎月分配型というのは読んで字のごとく、毎月のように分配金を出すタイプの投資信託なのです。


毎月毎月分配金を出す(出さなくても良いが、出さないとその投資信託が売れないのでやむを得ず出すという感じ・・・苦笑)ため、儲けていようが損をしていようが関係なく分配金を出してくるんです。

当然、そんな事をしていたら運用資金がどんどん減ってしまうので、長期に渡って複利の効果を得ることは難しいでしょう。


ここでひとつ問題です。

年率5%で運用できている投資信託があったとして、分配金を出さずに基準価額が12,000円になっているケースと、2,000円の分配金を出して基準価額が10,000円に下がったケースとでは次の1年間にどちらがより資産が増えるか考えてみてください。

答えは簡単ですよね。

分配金を出すと言うことは全体の総資産が減るわけですから、同じ5%で運用できるのであれば総資産が多い方が有利です。つまり、分配金を出さずに基準価額が12,000円になっているケースの方がより資産が増えるのです。

頻繁な分配や過剰な分配は投資信託の総資産を減らすだけですので、長期に渡って複利の効果を得るためには、できるだけ分配金を出さない投資信託の方が良いのです。

仮に分配金が出たとしても、分配金を受け取らずに再投資できるコースを選ぶべきです。再投資することによって分配金が自分の投資資産に組み戻されますので、複利の効果が得られるのです。

今日のポイント
分配金は預金の利子とは違う!

頻繁な分配や過剰な分配は複利の効果を半減させるので、 できるだけ分配金を出さない投資信託を選ぶか、分配金を再投資できるコースを選ぶこと!

【良い投資信託の見分け方】 メニュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像