ポートフォリオを組もう

投資においては分散投資が大事であるとご説明しましたが、実際にどのような割合で分散するのかを示した設計図がポートフォリオです。

具体的には、国内株式25%、海外株式25%、国内債券25%、海外債券25%で合計100%、といった感じの割合図になります。

投資信託そのものが分散投資された金融商品ですし、バランス型投資信託を買えば、改めてポートフォリオを組む必要は無いとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、『分散投資』でご説明した基本の4つの資産である国内株式、海外株式、国内債券、外国債券全てに分散投資されたバランス型投資信託は、各種手数料も高くなりがちです。

それにバランス型投資信託では、自分に合うように細かな微調整ができませんので、国内株式型海外株式型国内債券型海外債券型の投資信託を別々に購入する必要がありますし、なにより手数料が安く済んでお得なことが多いのです。

では実際にどのようなポートフォリオにすれば良いのかということになるのですが、実はポートフォリオの中身は人によって大きく違ってきます。

例えば、『年代別投資信託の活用法』でご説明したように、年代によっても大きく変わってきますし、その人の資産状況や収入状況によっても大きく変わってくるのです。

人それぞれのポートフォリオですが、ひとつだけ言えることは、基本の4つの資産である国内株式、海外株式、国内債券、外国債券をベースにポートフォリオは組むべきだということです。

あとは自分の状況に応じて割合を微調整すればいいのです。

年代別の詳しいポートフォリオは『年代別投資信託の活用法』をご覧いただくとして、ポートフォリオを組むときの注意点をご説明します。

まず4つの資産のうち、リスクの高い順としては①海外株式、②国内株式、③海外債券、④国内債券の順になります。

次に、4つの資産の相関関係としては、国内株式と国内債券が逆の値動きをし、同一国内の海外株式と海外債券であれば同じく逆の値動きをしますが、別の国ならほぼ無関係になります。

国内の資産と海外の資産では逆の値動きになります(例:円高ドル安 ←→ 円安ドル高など)。

【相関図】
国内株式 ←→ 国内債券
海外株式 ←→ 海外債券(同一国の場合)
国内の資産 ←→ 海外の資産

これらを考慮し、それぞれ値動きが逆の資産をポートフォリオに組み込むことによって、それぞれの資産のリスクを軽減させるのがコツです。

今日のポイント
ポートフォリオとは分散投資の設計図

基本の4つの資産をベースにポートフォリオは組む!

値動きが逆の資産をポートフォリオに組み込むのがコツ!

【投資信託の上手な活用法】 メニュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像