口座を開くだけでポイントが!

投資信託の購入時手数料は、販売している金融機関によって変わることはご説明しましたが、では手数料が同じなら何を基準に金融機関を選べばいいのでしょうか?

様々な選択基準があると思いますが、有力な選択基準のひとつとして、『ポイントや現金がもらえる』ということをここでは挙げたいと思います。

理由は簡単です。ポイントや現金を投資信託の分配金と捉えれば、単純に投資信託の利回りが上昇するからです。

例えば、ある投資信託の購入時手数料を無料で販売しているA証券とB証券があったとして、A証券は何も特典は無し、B証券は口座開設で10,000円の現金をプレゼント、だったとしたらどうでしょう?

答えは簡単ですよね(笑)。B証券の方は分配金を10,000円多くもらえるのと同じ事になりますので、B証券で投資信託を買った方がお得ですよね!

このようなポイントや現金がもらえる特典はいつもやっているわけではなく、各金融機関ともキャンペーンという期間限定で特典を実施しています。

特にネット証券がキャンペーンに力を入れており、中には1年中キャンペーンを行っているネット証券もあります。

ネット証券でメジャーなところは、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券あたりです。老舗大手証券としては、野村証券、大和証券、SMBC日興証券あたりでしょう。

あと、あまり知られてないかもしれませんが、フィデリティ証券という証券会社もあります。なぜここで名前を挙げたのかは後ほどご説明します。

ネット証券と老舗大手証券のキャンペーンの力の入れ具合は一目瞭然で、ネット証券の方が圧倒的に有利な特典が付いてきます。

大手老舗証券は口座開設でもせいぜい2,000~3,000円の特典といったところなのですが、ネット証券は最大で30,000円を超える特典が得られるところもあります。

それと先ほどご紹介したフィデリティ証券に関しては、ポイントや現金がもらえるといった特典は無いものの、投資信託の購入時手数料が無料になるキャンペーンを度々行っており、投資信託を継続して購入する予定の方には非常に魅力ある証券会社といえます。

フィデリティ証券のキャンペーン例】



さて、ここまで良いことばかりご紹介してきましたが、やはり注意点もあります。特に注意しなくてはならないのが特典を得るための条件です。

「え!?口座を開けば30,000円を超える現金(ポイント)がもらえるんでしょ?」と思われた方はご注意下さい!

あるメジャーなネット証券のキャンペーン内容ですが、「新規口座開設キャンペーン!最大32,000円プレゼント!」と大々的に宣伝しています。

【あるメジャーなネット証券のキャンペーン例(バレバレですけどね・苦笑)】

この「最大」というのがくせ者で、口座を開いた後、さまざまな取引をすることで最大32,000円まで特典が付きますよという仕組みになっているのです。

キャンペーン内容を良く調べてみると、残念ながら投資信託を買うだけでは32,000円には遠く及びません。

ただ、『年代別投資信託の活用法』の『10~20代』と『50代』でお勧めした個人向け国債も購入すると結構現金がもらえるようになっていますので、これだけでもかなり有利になるのは間違いありません。

もちろん、他にも株取引などもしたいとなれば、様々な特典を受けることができますので、さらに有利になることでしょう。

キャンペーンでポイントや現金を得たいと思ったときは、キャンペーンの内容をよ~く調べてから申し込むことが大事ですよ。

今日のポイント

ポイントや現金がもらえるキャンペーンを積極的に利用する

ただし、 キャンペーンの特典を得るための条件をよく確認すること!

【投資信託の上手な買い方】 メニュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像