投資信託にかかる手数料

投資信託の主な手数料は3つあります。

購入時手数料(販売手数料ともいう)
信託報酬
信託財産留保額


それぞれ見てみましょう。


①購入時手数料(販売手数料ともいう)
まず、買うときに必要な手数料が「購入時手数料(販売手数料ともいう)」です。購入時手数料は、投資信託の種類や購入する金融機関によって様々ですが、だいたい0%~3%後半くらいはかかります。





②信託報酬
次に、投資信託を保有している間ずっとかかるのが「運用管理費用」です。「信託報酬」と呼ばれることが多いですね。「報酬」とあるのでもらえるのかと思いきや、実は運用会社に支払う報酬のことなんですね。


信託報酬も投資信託の種類により様々で、1%を切る投資信託もあれば2%近い投資信託もあります。信託報酬は長期にわたってかかる手数料なのであなどれません。だいたい0.5%~2.0%くらいになります。




③信託財産留保額
最後に、投資信託を解約するときにかかるのが「信託財産留保額」です。信託財産留保額は厳密には手数料ではないのですが、お金が減るという点では手数料と同じ考えでよいでしょう。

信託財産留保額も投資信託の種類により様々なのですが、信託財産留保額がかからない投資信託もたくさんあります。だいたい0.3%くらいになります。




「購入時手数料」と「信託財産留保額」はそれぞれ1回ずつ、「信託報酬」は、投資信託を保有している間ずっとかかります。

今日のポイント
購入時手数料信託報酬信託財産留保額という3種類の手数料が必要

購入時手数料と信託財産留保額は1回のみだが、
信託報酬 保有する間ずっとかかるので特に注意すること!

【投資信託とは】 メニュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像