投資信託のしくみ

投資信託のしくみを見てみましょう。

投資信託というのは、多くの投資家からお金を集め、集まったお金の運用を資産運用のプロ(以下ファンドマネージャー)に任せ、その運用成果として得られた利益を受け取るというしくみになっています。

ファンドマネージャーは、預かったお金を株式や債券、不動産などに分散投資し、利益が得られるように一生懸命運用してくれます。



もう少し詳しく投資信託のしくみを見てみましょう。

まず、投資家が、販売会社で投資信託を購入します。

購入資金は運用会社に集められ、集まった資金を受託会社に預け運用の指示を出します。

受託会社は運用会社の指示通り株式や債券などに投資します。

受託会社は投資の結果を運用会社に報告し、運用会社は販売会社を通して投資家に利益を分配します。


この一連の流れで一番重要なのは運用会社です。ファンドマネージャーは運用会社に在籍しており、この指示で運用成績が左右されるのです。

運用会社の善し悪しで、私たちの得られる利益も増減するし、最悪の場合、お金が減ることもあるのです。

今日のポイント
投資信託は、たくさんの投資家から集めたお金を資産運用のプロに運用してもらい、その結果を享受するしくみである。

運用会社の善し悪しで運用成績が左右される!

【投資信託とは】 メニュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像