投資信託のメリット

金融商品にはそれぞれメリットとデメリットがあります。投資信託にももちろんメリットとデメリットがあります。まずは投資信託のメリットを見てみましょう。

投資信託の大きなメリットは3つあります。

手軽に分散投資ができる
自分に代わってプロが運用してくれるので楽
少額から投資できる

それぞれのメリットを見てみましょう。

①手軽に分散投資ができる
投資信託の種類』でも解説しましたが、投資信託というのは国内外の株や債券など非常に様々なものに分散投資されており、リスクの軽減が計られています。

この分散投資を個人がやろうとすると莫大な資金が必要になりとても大変です。

例えば、株を買うにしてもそれぞれ取引単位があり、1銘柄買うだけでも数万円から数十万円の資金が必要になります。それを何十銘柄も買うとなるととんでもない金額になります。

加えて債券にも投資したいとなれば、日本の国債なら最低1万円(個人向け国債)の資金が必要になりますし、分散投資の意味で、株と同程度の債券を買うとなるとまた大きな資金が必要になります。

不動産などは購入するだけで数百万円から数千万円もの資金が必要です。

これら分散投資を個人が実行するのは不可能に近いでしょう。

でも、投資信託は、投資家から集めた大きな資金でこれらの分散投資を行ってくれます。そして、投資家は購入した割合だけ利益を享受できる仕組みとなっていますので、投資信託を購入するだけで手軽に分散投資ができ、リスクの軽減が期待できるのです。


②自分に代わってプロが運用してくれるので楽
投資信託のしくみ』でも解説しましたが、投資信託は運用のプロが運用してくれます。

普段仕事で忙しい方などは、日々の株価や時々刻々と変化する為替相場などをチェックする暇などないと思います。それに、遠い国(アフリカなど)の株や債券を個人で買うのはなかなか大変です。

それに、どのタイミングで買ってどのタイミングで売れば良いのか、こういう時はどういった投資行動をとるべきかなどといった判断もなかなか難しいものです。

日本国内の経済状況や海外の経済状況に加え、株式、債券、不動産、コモディティ(商品)などの投資対象資産についての知識も習得しようとなると本当に大変です。

これらの手間暇をプロが代わりに行ってくれるので本当に楽です。

もちろん、代わりにやってもらうための手数料が必要になりますが、手数料を支払ってでも代わりにやってもらう方がうまくいくことが多いのです。


③少額から投資できる
①の『手軽に分散投資ができる』でも少し触れましたが、自分で分散投資を実行しようとすると莫大な資金が必要になります。



しかし、ほとんどの投資信託は1万円から始めることができますし、自動積み立てにしておけば、積立貯金(実際は貯金ではありませんのでお気をつけ下さい)のような感覚で、毎月決まった金額を購入することも可能です。

実は、毎月決まった金額を購入するというのはドルコスト平均法と呼ばれ、非常に優れた投資行動なのです。詳しくは『積み立ては便利で有利』でご説明します。

今日のポイント
投資信託のメリットは3つ

手軽に分散投資ができる
自分に代わってプロが運用してくれるので楽
少額から投資できる

【投資信託とは】 メニュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像