楽天証券の評価

楽天証券は、SBI証券に次ぐ国内大手のネット証券です。

投資信託の取扱本数も大変多く、SBI証券とほとんど変わりません。

楽天といえばネット上の仮想ショッピングモール『楽天市場』が有名ですね。他にも楽天銀行や楽天トラベルといったサービスもあります。

楽天証券では、様々な取引に応じてポイントがもらえる仕組みになっており、たとえば、楽天証券でもらったポイントで楽天市場で買い物したり、楽天トラベルでポイントを使ったりできるのです。

楽天証券は、そのような他の楽天グループのサービスとの親和性が高く、生活全般において使い勝手がよいネット証券といえます。



それでは楽天証券のメリットやデメリットを見てみましょう。
ちなみに、がメリット がデメリットです。


①投資信託の取り扱い本数が非常に多い!
楽天証券で取り扱っている投資信託は現在(2014年7月)1660本あり、これはネット証券では最多のSBI証券に次ぐ取扱本数になります。

購入時手数料が無料のノーロード投資信託も510本取り扱っており、ネット証券では最多クラスになります。



②買い物などにも使えるポイントプログラムがある!
楽天証券には『ポイントプログラム』とよばれるポイント付与サービスがあり、楽天証券でポイントプログラム対象の取引を行うと、このポイントがもらえます。

このポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天グループの各種サービスで利用できる大変使い勝手の良いポイントです。

楽天証券だけでなく、楽天銀行でも同じくポイントプログラムがありますので、楽天証券と楽天銀行両方に口座を持つのがお得です。



③初心者向けのコンテンツが充実している!
楽天証券では、投資信託は初めてといった初心者向けのコンテンツがかなり充実しており、投資信託の仕組みや活用方法などがやさしく丁寧に解説されています。

投資信託の仕組みや活用方法以外に、実際の取引方法を動画で説明してくれるページもありますので、ネット証券は初めてという方も迷うことは少ないでしょう。実際の取引を動画で説明してくれるのは珍しいです。



①投資信託の積み立てが1000円からしかできない
楽天証券では、投資信託の積み立てが1000円からしかできません。まぁこれでも十分少額なのですが、SBI証券では500円から積み立てできますので、それに比べると不便といえます。


②初心者に勧めている投資信託が、実はお勧めでないことが多い
どこのネット証券でも言えることなのですが、初心者にお勧め!なんて勧めている投資信託が、実はとんでもなく信託報酬が高かったりリスクが高かったりと、とても初心者にはお勧めできないような投資信託を勧めていることが多いのです。

なぜこのようなことが起こるのかといえば、投資信託を売る側の気持ちになればすぐに分かるでしょう。そうです。手数料がタップリ取れるものを勧めてくるのです。

楽天証券は初心者向けのコンテンツが充実しているだけに、この点は非常に残念ですね。



楽天証券の最終評価
楽天グループの各種サービスを総合的に利用していきたいのであれば、間違いなくお勧めのネット証券といえます!

楽天証券自体の使い勝手もよく、株式やFXなどほぼ投資に関する取引はできてしまいますし、初心者向けのコンテンツも充実していますのでお勧めです。

楽天証券に口座を作る場合は、下記公式サイトからどうぞ。

【公式サイト】 楽天証券

楽天証券のポイント
投資信託の取扱本数がネット証券最多クラス

楽天グループで使えるお得なポイントがもらえる

初心者向けコンテンツが充実

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像