カブドットコム証券の評価

カブドットコム証券は、MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)のネット専業証券会社です。

投資信託の取扱本数は500本弱しかなく、SBI証券(1600本超)、楽天証券(1600本超)、マネックス証券(1300本超)に比べるとかなり見劣りします。

購入時手数料無料(ノーロード)の投資信託の取扱本数は250本弱で、SBI証券楽天証券マネックス証券の半分程度です。

投資信託の取り扱いについては、正直充実しているとは言えない状況です。

取扱本数が同程度のフィデリティ証券と比べると若干勝っていますが、フィデリティ証券は『全ファンド申込手数料無料!』なんて凄いキャンペーンをやったりしますので、ちょっと分が悪いと言わざるを得ませんね。



それではカブドットコム証券のメリットやデメリットを見てみましょう。
ちなみに、がメリット がデメリットです。


①500円から積み立てができる!
カブドットコム証券には『ワンコイン積み立て』というものがあり、名前の通りワンコイン(500円)の積み立てができます。

一般的に積み立てと聞くと投資信託の積み立てを連想すると思いますが、カブドットコム証券のワンコイン積み立ては、株式の買付でも利用することができます。



②ファンド検索が優秀!
カブドットコム証券のファンド検索はモーニングスターと連動しており、かなり細かい検索条件を指定することができます。

これがなかなか便利なのですが、カブドットコム証券で取り扱っているファンドしかヒットしません。残念です。

検索画面を下に載せておりますのでご覧下さい(※画像をクリックすると拡大図が別ウィンドウで開きます)。



①投資信託の取扱件数が少ない
冒頭でも述べたとおり投資信託の取扱本数は少なく、SBI証券楽天証券マネックス証券の3分の1程度しかありません。また、購入時手数料無料(ノーロード)の投資信託の取扱本数も半分程度しかありません。

取扱本数の少なさをカバーするキャンペーンでもあれば良いのですがそれも乏しく、フィデリティ証券の『全ファンド申込手数料無料!』キャンペーンに大きく差を付けられている状況です。



カブドットコム証券の最終評価
カブドットコム証券は、MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)のネット専業証券会社という安心感はありますが、きめ細かさという点ではSBI証券楽天証券に劣ります。

特に、投資信託の取扱本数とキャンペーンの実施数については大きく劣っていると言わざるを得ないでしょう。

大手グループの安心感を求める方にはお勧めできます。

カブドットコム証券に口座を作る場合は、下記公式サイトからどうぞ。

【公式サイト】 カブドットコム証券

カブドットコム証券のポイント
月々500円から積み立てができる

大手グループの 安心感 がある

投資信託の 取扱本数は少なめ

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像