フィデリティ証券の評価

フィデリティ証券はフィデリティ・インベストメンツという米国最大の投資会社の子会社ですが、ハッキリ申し上げまして日本ではあまり有名ではありません(いきなり・苦笑)。

「大和証券や野村證券なら聞いたことあるけど、フィデリティ証券ってどこにあるの?」ってくらいの方も多いと思います。

しかし、(日本で)有名じゃないからという理由だけで選択肢から外すには、もったいなさ過ぎる証券会社なのです。

フィデリティ証券の概要を簡単にご説明しますと、フィデリティ証券は、1946年に米国で設立されたフィデリティ・インベストメンツという米国最大の投資会社の子会社になります。つまり、世界的に非常に有名な投資会社の日本支店のような位置づけなのです。

親会社のフィデリティ・インベストメンツが投資信託会社である流れを継いで、フィデリティ証券も投資信託の取り扱いを中心に営業しています。投資信託専門の証券会社と言っても良いでしょう。



それではフィデリティ証券のメリットやデメリットを見てみましょう。
ちなみに、がメリット がデメリットです(笑)。


①購入時手数料が無料になる『スタート0%プログラム』!
フィデリティ証券最大のメリットといっても過言ではない『スタート0%プログラム』という大変お得なキャンペーンがあります。

フィデリティ証券に新規で口座を作成し、このスタート0%プログラムに申し込むだけで最大3ヶ月間、購入時手数料が無料になります。しかも期間中なら何回購入しても無料です。対象となるファンドはなんとなんとすべてです!

ハッキリ言ってこれはすごすぎです!

例えば、申込手数料3.24%(税込み)の投資信託を500万円分普通に購入すると、申込手数料が156,915円(内枠方式)かかってしまうのに、このキャンペーンだとなんとタダになっちゃうんです!スタート時点で約157,000円も差が付くのは非常に大きいですね。


②NISA(ニーサ)口座内の投資信託申込手数料がずっと0%!
2014年1月から始まった少額投資非課税制度、通称NISA(ニーサ)の口座をフィデリティ証券で開設し、NISA(ニーサ)口座で投資信託を購入すると、なんと申込手数料がいつでも0%!しかもずっと!

フィデリティ証券で取り扱っている全ての投資信託が対象ではありませんが、320本以上が対象となっていますので、欲しい投資信託も含まれているかもしれませんね。


③預かり残高に応じて申込手数料が優遇される制度がある!
これは他のネット証券でも似たようなことをやっていますので新鮮味は無いのですが、他のネット証券と大きく違うところは、投資信託の申込手数料が優遇される点です。

あるネット証券の一例を挙げると、預かり残高50万円以上~200万円未満で1ヶ月50ポイント(1ポイント=1円の買い物ができる)が付与されます。1000万円以上~2000万円未満は500ポイント、という具合です。

これに対しフィデリティ証券では、預かり資産1000万円以上で申込手数料が50%OFF!2000万円以上で75%OFF!!3000万円以上で100%OFF!!!なんとタダ!!!!

3000万円以上はなかなか現実的ではありませんが、1000万円以上ならあり得るケースだと思います。1000万円以上を預けた場合、あるネット証券では月に500ポイントしかくれないのに、フィデリティ証券では申込手数料が半額になるのです。


④フィデリティ投信が作って運用している投資信託なら安く買える!
フィデリティグループは投資会社ですので、当然自分たちで作って運用している投資信託も多数あります。

グループ会社のフィデリティ投信で作って運用している投資信託なら、キャンペーン期間外でも他のネット証券より安く買うことができます。ちなみに50本ほど取り扱っています。


①投資信託の取り扱い数が少ない
フィデリティ証券の公式サイトによると、現在(2016年10月)の取扱本数は500本以上となっていますが、他のネット証券に比べるとやや少ないですね。


②投資信託の積み立てが月々1万円からしかできない
投資信託の積み立てといえば、数年前までは月々1万円からが当たり前だったのですが、最近では月々500円から積み立てができるところもあり、手軽さという点では後れをとっています。



フィデリティ証券の最終評価
投資信託の取り扱いに限っては、多少の不便はあるものの、それを帳消しにしてくれるキャンペーンや優遇措置がありますので、口座を持っておいて損はないでしょう。

ただし、申込手数料無料に釣られて、ダメダメなファンドを購入することだけは避けてくださいね(苦笑)。

フィデリティ証券に口座を作る場合は、下記公式サイトからどうぞ。

【公式サイト】 フィデリティ証券

フィデリティ証券のポイント
申込手数料(購入時手数料)無料キャンペーンが度々実施される

NISA(ニーサ)口座で買うと申込手数料(購入時手数料)が無料!

取り扱い本数は少なめ

スポンサードリンク

このページの先頭へ

イメージ画像